歯医者スタッフ求人

くろだ歯科医院は、徹底した減菌対策。

「殺菌」とは、特定の細菌を殺すこと。 「滅菌」とは、すべての細菌を死滅させること。 当院では患者さまやスタッフをあらゆる感染症(HIV、肝炎等)からまもるため、 徹底した減菌対策で器具管理をしています。

7割の歯科医院

7割の歯科医院で
治療器具の適切な処理が
行われていない!!

ほとんどの歯科医院が言いたくないこと。

今まで歯の治療を受けて、血が出たことはありましたか?

実は歯の治療のほとんどは歯を削ったり、歯肉を切ったりする治療がほとんどです。

当然、患者さんの歯肉から血が出たりして、治療器具についてしまいます。もし、その治療器具をしっかりとした処理をせず次の患者さんに使いまわしていたらどうしますか?

2014年5月19日の読売新聞による記事で、7割の歯科医院で適切な治療器具の処理を行っていないことが明らかとなりました。

この記事をよく読まれた方は気づかれたかもしれませんが、調査の回答数が大変低いことです。つまり、この調査では回答した医院の7割が適切な処理を行っていないと答えただけで、回答していない大多数の歯科医院では「適切な処理」をしているかわからないのです。もしこの大多数の歯科医院が「適切な処理」をしていないとすると、7割どころでなく、9割以上の歯科医院で、肝炎やHIVなどの院内感染のリスクが高いと推測できます。

なぜ多くの歯科医院がきちんとした処理をしないのか?

正直、歯科で院内感染起こった場合、患者さんがその歯科医院で感染したという証拠を見つけるには大変困難です。しかし、院内感染のリスクはなにも患者さんだけにあるわけではなく、むしろその歯科医院で働く歯医者さんやそのほかのスタッフたちのほうが遥かに高いのです。それなのに、なぜきちんとした処理をほとんどの歯科医院で行わないのでしょうか?

また読売新聞の記事ですが、こんなことが書かれていました。

要約すると「手間と費用(コスト)がかかり過ぎ、診療報酬では見合わない。」事実です。

みなさんが良くいかれる内科や眼科、整形外科や小児科に比べ、歯科では一人の患者さんに使う器具はかなり多く、その一つ一つを適切な処理を行うのは、非常な労力と人員が必要です。また、患者さん一人ひとりに交換するため、高価な治療器具を大量に購入しなければならないうえ、適切な処理により、その器具の寿命が縮まってしまうため、さらなるコストがかかってしまいます。多くの歯医者さんでは「適切な処理」を「したくない」ではなく「できない」と言ったほうが正しいのかもしれません。

「治療器具の適切な処理」ってちゃんと「消毒」?
いえいえ「滅菌(めっきん)」です。

治療器具の適切な処理

使用後の器具の適切な処理とは何でしょう?

「私の行っている歯医者さんは大丈夫。だって削る機械をアルコールのついた脱脂綿で毎回ふい消毒してるから。」もしそう思われているなら、少しお時間をください。

まず、歯科における器具の適切は処理というのは器具を「滅菌(めっきん)」することです。

滅菌・除菌・殺菌の違い

「殺菌」や「消毒」では歯科における「適切な器具の処理」とは言えません。
きちんとした設備と手順を用いた「滅菌」こそ正しい使用後の器具の処理といえます。

滅菌とは

全ての微生物を死滅除去させること。

すべての菌(微生物やウイルスなど)を、死滅させ除去することです。

とは全滅の滅であり、滅菌といえば意味的には菌に対しては最も厳しい対応、ということになります。つまり、すべての菌(微生物やウイルスなど)を、死滅させ除去することで、日本薬局方では微生物の生存する確率が100万分の1以下になることをもって、滅菌と定義しています。

しかし、これは現実的には、人体ではあり得ない状況(たとえばヒトの手を滅菌するには、人体の細胞ごと殺さなければならないことになる)で、器具などの菌に対しての用語だと考えられています。

殺菌とは

微生物の全て、または一部を除去すること。(殺すのではない。)

文字通り「菌を殺す」ということを指しています。細菌を死滅させる、という意味ですが、この用語には、殺す対象や殺した程度を含んではいません。

このため、その一部を殺しただけでも殺菌といえる、と解されており、厳密にはこの用語を使う場合は、有効性を保証したものではないともいえます。

極端に言えば10%だけ殺しても、「殺菌」となります。

また、この「殺菌」という表現は、薬事法の対象となる消毒薬などの「医薬品」や、薬用石けんなどの「医薬部外品」で使うことはできますが、洗剤や漂白剤などの「雑貨品」については、使用できないことになっています。

消毒とは

害な微生物だけを殺滅し感染力をすくなくすることであり,無菌にすることではありません。

物体や液体といった対象物や、限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めることをいう。とされています。これは、学術的な専門用語としてはあまり使われていない言葉ですが、法律上では食品衛生法の省令で「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、かつ、発育し得る微生物を除去することをいう」と規定されています。

いろいろな商品で、この性能を訴求する商品もたくさん出てきており、除菌の方法も洗浄やろ過など、各分野でさまざまな意味づけが行なわれたり、それぞれ程度の範囲を示している、と考えられます。

たとえば、洗剤・石けん公正取引協議会が定義する除菌とは、「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」で、この細菌にはカビや酵母などの真菌類は含まれません。

阡周会くろだ歯科医院での「滅菌」

阡周会くろだ歯科医院での「滅菌」

国からの指示とか、ほかの医院さんがやってるとか関係なく、当院では患者さんとスタッフをあらゆる院内感染から守るため、
できる限りの器具はすべて滅菌しています。(ちなみにインフルエンザのワクチン接種もスタッフ向けに毎年行っています。)

少し自慢ですが、見学の人や他院から転職されてきた人が結構びっくりするのが、当院の滅菌の徹底度です。

そこまでしなくても、というとこまでがんばっています。

阡周会くろだ歯科医院の滅菌の流れ

超音波

STEP-1 :超音波

大型の業務用超音波洗浄機で、手では取りきれない汚れを浮かせる。

洗浄機で洗浄

STEP-2 :洗浄機で洗浄

24時間におよぶ科学捜査の分析を用いても汚れを判断できないくらいの高性能洗浄機(ショウワ洗浄器 SDW-745)ですみずみまで洗浄。

専用滅菌バッグにパック

STEP-3 :専用滅菌バッグにパック

滅菌後も長期に無菌状態を保つ専用滅菌バッグに器具を入れる。

132℃で高温高圧

STEP-4 :132℃で高温高圧

132℃の高温高圧機械(オートクレーブ)により、すべての菌を死滅させ、器具を無菌状態にする。

乾燥

STEP-5 :乾燥

「強酸性水」で殺菌

「強酸性水」で殺菌

感染症(肝炎など)の患者さまを診療した後の器具については、超音波洗浄機に代わり、強電解水生成装置で生成された「強アルカリ性水」で血液やたんぱくの汚れを落とし、優れた殺菌力をもちながら非常に人体に安全な「強酸性水」で殺菌したのち、通常の滅菌工程へと進みます。

歯医者の訪問診療

医療法人 阡周会くろだ歯科医院 訪問歯科診療

当院から半径16km以内のお家(居宅)や施設様で診療をさせていただいております。

くわしくは訪問診療の詳細をご覧ください。

訪問診療実績

大阪市全区、守口市、寝屋川市、枚方市、吹田市など、詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

提携施設例

松下介護老人保険医施設はーとぴあ様

訪問診療についてのお問い合せは

往診専用ダイヤル(a.m.10:00~p.m.6:00) Tel.06-6324-1754

往診専用FAX(24時間対応)

Tel.06-6323-0048

お知らせ

facebook