子供の矯正を始めるタイミングは何歳から?!

子どもの歯並びやかみ合わせが気になるときに検討したいのが、子どもの矯正です。 歯並びを整え、正しいかみ合わせができるようにサポートする子どもの矯正は、見た目の美しさだけでなく口腔機能全体の改善につながり、健康面でもメリットが多いという特徴があります。 当記事では、お子様の矯正をはじめるのに最適なタイミングについてご紹介させていただきます。 お子様の歯並びや咬み合わせ、発音などが気になっているという方は、ご参考になさってください。

●子どもの矯正とは

子どもの矯正とは

子どもの矯正は、歯並びや咬み合わせの健全な育成を目的として行うものです。 歯並びや咬み合わせは見た目の問題だけでなく、「食べる」・「話す」・「呼吸する」という健康に直結する重要なポイントです。 歯並びや咬み合わせが適切な状態ではないお子様は、食事や発音において正しく口腔機能を使いこなせていないことが多く、長期的には健康にも影響を及ぼしかねません。 そのため当院では、「小児口腔機能育成治療」として、歯列不正や顎発育の異常、口呼吸・舌の機能改善を行い、将来的に永久歯の歯並びを美しく整えること、正しい咬み合わせで健康的な生活を送ることができるようにサポートしています。

●子どもの矯正のタイミングは何歳がベスト?

子どもの矯正のタイミングは何歳がベスト?

子どもの矯正は、下記条件がそろったタイミングでの開始がベストです。

  • ・第一大臼歯が萌出している
  • ・永久歯の前歯のうち2歯が2/3以上萌出している
  • ・少なくとも3/4顎に乳歯(C、D、E)または未萌出の永久歯 (3、4、5)が2歯以上ある

上記条件が揃うこと、顎が動きやすいことを考慮し概ね6歳~10歳までに治療を開始することが好ましいです。 特にこの時期は顎の骨がやわらかいため、体に過剰な負担をかけることなく、審美面でも健康面でも正しく美しい歯並びや咬み合わせを目指すことが可能です。 但し、対象年齢というよりも歯や顎の状態がどうか、によって治療が開始できるタイミングが変わります。 保護者の方が判断するのは難しい部分もありますので、子どもの矯正を検討されている場合はお早めに歯科医師までご相談ください。

●子どもの矯正を適切なタイミングでおこなうメリット

生え変わりの時期に歯列矯正を始めることの最大のメリットは、顎の骨がやわらかい段階で治療をスタートすることができるので、永久歯が正しく並ぶためのスペースを確保できる点です。 個人差がありますが、上顎の成長はおおよそ10歳ぐらいまでで止まってしまうため、10歳以降の矯正では、上の歯の歯並びを調えるだけのスペースを確保できなくなるというデメリットがあります。 永久歯が正しく並ぶためのスペースを確保することができると、見た目にも歯並びが美しく整うだけでなく、正しい咬み合わせで食事や発音ができるようになるので、健全な口腔機能の育成や将来的な健康につながります。 特に顎の骨がやわらかい段階では大人になってからの矯正と比較しても痛みが少ないため、お子様自身も抵抗を感じることなく、矯正に挑戦することができます。

●子どもの矯正が受けられるのは何歳まで?

子どもの矯正が受けられるのは何歳まで?

当院で行っているお子様向けの矯正(小児の予防矯正)は、歯の生え変わりや顎の成長を利用した「Ⅰ期治療」と、その後に行う「Ⅱ期治療」に分類されます。 Ⅱ期治療はⅠ期治療後に永久歯の状態を確認して、さらなる歯列矯正が必要と判断した場合にのみ行います。 目安としてはⅠ期治療が6歳〜10歳までとなっていますが、治療には1年半〜3年程の期間を要しますので、小学校入学前までにご相談いただくと安心です。

●子どもの矯正の期間や費用について

当院で行っている小児の予防矯正は、永久歯が生えるスペース作りと上下の4つの前歯(永久歯)の排列をさせることが大前提で、その後に筋機能器具を用いたトレーニングをおこなっていただくことをおススメしています。 永久歯が生えてくるスペースを確保でき、キレイに排列ができたとしても、顎周りの筋肉が育っておらず口呼吸や低位舌などの習癖が改善されていなければ、歯は再度動き出してしまいます。 Ⅰ治療の期間としては基本的に1年半〜3年程度が目安で、必要な場合はⅡ期治療に移行します。 費用については装置を使用したⅠ期治療が60万(税別)、筋機能器具が5万(税別)です。

●まとめ

歯並びや咬み合わせは、見た目だけでなく食事や呼吸など、健康に直結する大切なポイントです。 そのため顎の骨がやわらかく、永久歯が生える前のタイミングで、正しい歯並び・正しい咬み合わせのための口腔環境を整えてあげましょう。 当院では今現在歯並びや咬み合わせに悩んでいるお子様はもちろんのこと、「歯並びや咬み合わせに大きな問題はなさそうだけど、念のため確認したい」という保護者様からのお問い合わせにも真摯に対応させていただきます。 もちろんお子様にもご安心いただけるよう、まずは痛みのない精密検査で口腔環境を確認させていただきますので、お子様の矯正について相談をお考えの方は、お気軽に当院までお問い合わせください。

●監修者

院長 : 黒田 祐彰

経歴

  • 1988年 朝日大学歯学部卒業
  • 1990年 くろだ歯科医院開業
  • 2003年 法人成設立 医療法人くろだ歯科医院へ
  • 2006年 移転
  • 2013年 移転 医療法人阡周会くろだ歯科医院へ
  • 2013年 12月ホワイトエッセンス 淡路店オープン

所属

  • 日本歯科医師会
  • 大阪府歯科医師会
  • 東淀川区歯科医師会
  • 日本顎咬合学会
  • 日本糖尿病学会
医療法人阡周会